その他

芸術哲学| 定義、理論、歴史、および事実

芸術の哲学、解釈、表現と表現、形式などの概念を含む芸術の性質の研究。それは美学、美と味の哲学的研究と密接に関連しています。

際立った特徴

哲学技術のが区別される技術の批評分析及び技術の特定の作品の評価に関するものです。ウィリアムシェイクスピアの戯曲で使用されているデバイスのいくつかを説明するためにエリザベス劇場の慣習について講義が行われる場合など、重要な活動は主に歴史的なものである可能性がありますそれは主に分析的かもしれません、詩の特定の節がその要素に分離され、その意味または重要性が伝統の他の節や他の詩に関連して説明されている場合のように。または、問題の芸術作品が良いか悪いか、または他の芸術作品よりも良いか悪いかを言う理由が与えられている場合のように、それは主に評価的かもしれません。単一の芸術作品ではなく、特定のスタイルまたはジャンルの作品のクラス全体(牧歌やバロック音楽など)が解明されている場合もあれば、全期間の芸術(ロマンチックなど)である場合もあります。 。しかし、いずれの場合も、美術批評の目的は 芸術作品(または作品のクラス)の理解または楽しみを高めることであり、そのステートメントはこの目的を達成するように設計されています。

与えられた人との芸術批評の成功のテストは次のとおりです:このエッセイまたは芸術批評の本は、問題の芸術作品の人の理解または評価を増加または強化しましたか?美術批評は、芸術家やジャンル、時代に精通していない人が自分に任せてしまうと、作品を十分に理解したり楽しんだりできないなど、通常よりも難しい芸術作品に特に役立ち、しばしば必要になります。

芸術哲学者の仕事は、芸術評論家の発言が芸術哲学者によって設定された質問への回答を前提としているという点で、芸術評論家の仕事よりも基本的です。批評家は、与えられた音楽作品は表現力があると言いますが、芸術の哲学者は、芸術作品が表現力があると言うことの意味と、それが表現力があるかどうかをどのように判断するかを尋ねます。批評家は、芸術について話したり書いたりする際に、明確な概念を扱っていることを前提としています。その達成は芸術の哲学者の仕事です。

Britannica Premiumサブスクリプションを取得して、独占コンテンツにアクセスしてください。 今すぐ購読

芸術の哲学者の仕事は、芸術作品の理解と評価を高めることではなく、(1)批評家の活動の根底にある基本的な概念を調べ、批評家がより理解しやすく話したり書いたりできるようにすることによって、批評家に概念的な基盤を提供することです芸術と(2)芸術、美的価値、表現、および批評家が採用する他の概念についての真の結論に到達することによって。

芸術の哲学者は何に注意を向けますか?「アート」はすぐに答えられますが、アートとは何であり、他のすべてのものと何が違うのでしょうか。この質問に答えようとした理論家は多く、彼らの答えは大きく異なります。しかし、事実上すべてに共通している特徴が1つあります。それは、芸術作品は、自然界の物体とは区別される人工物つまり人工物です。夕日は美しいかもしれませんが、それは芸術作品ではありません。流木は美的性質を持っているかもしれませんが、それは人間によって作られたものではないので芸術作品ではありません。一方、流木のように見えるように刻まれてきた木片はいても、自然のが、芸術の対象ではありません外観2つのうちはまったく同じかもしれません。この区別は、20世紀に、オブジェトルーヴェ(「ファウンドオブジェクト」)が芸術作品であると宣言したアーティストによって異議を唱えられました。自然の状態から何らかの方法で(展示を除く)変更されています。

それにもかかわらず、最も単純で最も広い定義によれば、芸術は人間が作ったものです。この定義の範囲内では、絵画や彫刻だけでなく、建物、家具、自動車、都市、ゴミ捨て場もすべて芸術作品です。人間の活動が自然の表面にもたらしたすべての変化は芸術です。悪い、美しいまたは醜い、有益または破壊的。

この用語の通常の使用法は明らかにそれほど広くありません。日常生活の中で芸術作品が語られるとき、その意図は、はるかに狭い範囲のオブジェクト、つまり美的に反応するオブジェクトを示すことです。この狭い範囲にあるものの中で、正確なものではありませんが、ファインアートと有用なアートが区別されます。ファインアートは、美的反応を生み出すように設計された作品、または(デザインに関係なく)美的鑑賞の対象として機能する作品(絵画、彫刻、詩、音楽作品など)で構成されています。他の何かへの手段としてではなく。有用な芸術には、美的側面と実用的側面の両方があります。自動車、ガラスタンブラー、編みかご、電気スタンド、他の多くの手作りまたは製造されたオブジェクトは、主に便利な機能を持ち、その目的のために作られていますが、美的側面もあります。美しさのオブジェクトとして楽しむことができるため、人々は1つのブランドの車を購入することがよくあります。美的理由から、機械的理由よりもさらに多くの理由で他のものよりも(彼らは何も知らないかもしれません)。境界ケースは建築:多くの建物は美的機能が限界である有用なオブジェクトであり、他の建物は主にその有用性が偶発的またはもはや存在しない美のオブジェクトです(ギリシャ神殿はかつては礼拝所でしたが、今日ではその価値は完全に美的です) 。実際のテストは、作成者が意図したものではなく、現在の経験でどのように機能するかです。たとえば、絵画彫刻の多くの素晴らしい作品は確認できる限りではなく、神を賛美するために作成されました、美的目的のために(彼ら自身のために彼らの熟考の中で単に楽しむために)。彼らは芸術家として非常に完璧主義だったので、それは、しかし、その多くの芸術家は間違いなく自分の仕事の創出に彼らの審美的な機能を満たすために心配して、追加する必要がありますが、その時にはそのようななかった規律としての美学、彼らは可能性がある中で明確に自分の目標; いずれにせよ、彼らは自分たちのために考える価値のある作品を制作することによって、「神のより大きな栄光のために」創造することを選びました。

美術という言葉のこの美的感覚は、美術であろうと有用な芸術であろうと、今日の芸術の批評家や哲学者の大多数によって最も採用されているものです。ただし、他にも2つの芸術感覚があり、さらに狭いので、混乱を避けるために、それらの使用に注意する必要があります。(1)芸術という用語は、視覚芸術のみまたは一部の視覚芸術に限定される場合があります。しかし、芸術の哲学者がこの用語を使用しているので(そしてここで使用されているように)、芸術は視覚芸術に限定されません。音楽、演劇は、絵画、彫刻、建築と同じくらい芸術です。(2)時々アートという用語説得力のある意味で使用され、優れた芸術と見なされる作品のみが含まれます。アートギャラリーの視聴者は、嫌いな絵を調べて、「それはアートじゃない!」と叫ぶかもしれません。しかし、アートという用語が混乱することなく使用されるのであれば、良いアートだけでなく悪いアートも存在する可能性があります。したがって、鑑賞者は、問題の作品が芸術であること(それはそれ自体のために企図されるために提示された人工物である)を実際に否定しているのではなく、それが価値があることだけを否定しています。

アートという言葉別の意味で曖昧です。「アートは表現です」というスローガンのように、芸術作品を作成する活動を示すために使用されることもありますが、そのプロセスの産物である「アートは私にとって大きな楽しみの源です」という発言のように、完成したアートワークまたはアーティファクト自体。このあいまいさについては、後で言及する機会があります

Countless proffered definitions of art are not definitions at all but are theories about the nature of art that presuppose that the ability to identify certain things in the world as works of art already exists. Most of them are highly unsatisfactory even as theories. “Art is an exploration of reality through a sensuous presentation”—but in what way is it an exploration? Is it always concerned with reality (how is music concerned with reality, for example)? “Art is a re-creation of reality”—but is all art re-creation, even music? (It would seem likely that music is the creation of something, namely, a new set of tonal relationships, but not that it is the re-creation of anything at all.) “Art is an expression of feeling through a medium”—but is it always an expression (see below 表現としてのアート)そして表現されるのはいつも感じですか?等々。シェイクスピアのリア王は、これらの理論が真実であるというよりも芸術作品であることがより確実であるように思われます。広い意味で芸術作品として特定するために必要と思われるのは、それが自然物ではなく、人間によって作られた、または変形されたものであり、芸術として特定するために必要なすべてのことです(それほど良くはありません)狭い意味での芸術(芸術として)は、全体的(美術)または部分的(有用な芸術)のいずれかで、人間の経験において美的に機能するということです。示されているように、作成者がこのように機能することを意図している必要はありません。