その他

聖母礼拝堂| 建築

レディーチャペルチャペルに添付教会とに捧げBlessed Virgin. As the development of the chevet, or radiating system of apse chapels, progressed during the 12th and 13th centuries, custom began to dictate that the chapel dedicated to the Blessed Virgin be given the most important position, directly behind the high altar. The Lady chapel was frequently made larger than other chapels in the church.

しかし、聖母礼拝堂建てる際の標準的な使用法はこれまでに開発されていませんいくつかのフランスの大聖堂ではそれらが強調されていましたが(ランス、ルマン、アミアン)、他の大聖堂では他の礼拝堂と区別されていませんでした(ノートルダム、パリ、ブールジュ)。正方形の東端の共通の計画が聖母礼拝堂の精緻化に向いていたイギリスでは、それはより一貫して強調されていましたが、場所にはかなりのばらつきがありました。スペインイタリア最高の例では後半ゴシック様式としているルネサンス